【初心者向け解説】ヒートマップとは?おすすめヒートマップ5選と選ぶポイント

ヒートマップツールとは、ウェブサイト上でのユーザーの行動を視覚的に解析するためのツールです。

クリック、スクロール、マウスの動きなどを色分けして表示し、ユーザーがどの部分に関心を持っているかを一目で把握できます。

この記事では、ヒートマップツールの基本と使い方、おすすめのツールや選び方などを紹介します。

目次

ヒートマップの基本概念

ヒートマップの種類

ヒートマップの使い方

ヒートマップの代表的なツール紹介

ヒートマップツールを選ぶ際のポイント

「読んでもらう」スワイプ型の新しいLPのカタチ

まとめ

    ヒートマップツールとは何か?

    ヒートマップとは?

    ヒートマップ

    ヒートマップツールとは、ウェブサイト上でのユーザーの行動を視覚的に解析するためのツールです。クリック、スクロール、マウスの動きなどを色分けして表示し、ユーザーがどの部分に関心を持っているかを一目で把握できます。


    ヒートマップの利点

    ヒートマップの利点は、他の分析ツールと比較して視覚的で直感的なデータ解析が可能な点です。ユーザーのクリック、スクロール、マウス移動を色分けして表示することで、関心エリアや離脱ポイントを一目で把握できます。これにより、Google Analyticsのような数値データ中心のツールでは見逃しがちなユーザー行動の細部を明確に捉えられます。結果として、サイトデザインやコンテンツの具体的な改善策を容易に見つけ、ユーザーエクスペリエンスやコンバージョン率の最適化を効率的に実現できます。


    ヒートマップの種類



    Webサイト解析における主なヒートマップの種類を紹介します。

    10_ヒートマップツールのイメージ図
    1. クリックマップ
      • ユーザーがWebページ上でどこをクリックしたかを視覚化します。最もクリックされた部分が強調され、ユーザーの興味や行動のパターンを把握できます。
    2. スクロールマップ
      • ユーザーがページのどこまでスクロールしたかを示します。特定のエリアの注目度を理解し、コンテンツの配置を最適化するのに役立ちます。
    3. マウスムーブメントマップ
      • ユーザーのマウスの動きをトラッキングし、視線の動きを推測します。視覚的な関心やページ内のナビゲーションの流れを分析できます。
    4. アテンションマップ
      • ページ上でユーザーが最も時間をかけたエリアを示します。注目されたコンテンツを特定し、サイトの改善に役立てます。
    5. ホバー(ヒート)マップ
      • ユーザーがマウスをどこにホバー(マウスオーバー)したかを視覚化します。ユーザーが関心を持った箇所を把握し、リンクやボタンの配置を最適化できます。

    これらのヒートマップを組み合わせることで、Webサイトのユーザー行動を総合的に分析し、ユーザーエクスペリエンスの向上やコンバージョン率の改善に役立てることができます。


    ヒートマップの使い方


    ヒートマップの仕組み

    ヒートマップは、ウェブページに埋め込まれたJavaScriptタグを通じてユーザー行動データを収集します。このタグは、ユーザーがページ上で行うクリック、スクロール、マウスの動きなどを記録します。収集されたデータはサーバーに送信され、解析ツールのダッシュボードで視覚化されます。色分けされたマップとして表示され、どの部分がよく見られ、どこがクリックされているかが一目で分かります。


    ヒートマップの見方と解釈方法

    ヒートマップの見方と解釈方法にはいくつかのポイントがあります。

    まず、色の濃淡を理解し、濃い部分がユーザーの関心が高いエリアであることを認識しましょう。次に、スクロールヒートマップでは、ユーザーがどこでページを離脱しているかを確認し、重要なコンテンツが見られているかをチェックします。

    また、データは一時的なトレンドに左右されることがあるため、長期間のデータを分析することが重要です。

    最後に、ヒートマップは他の分析ツールと併用し、全体的なユーザー行動を総合的に理解することが効果的です。


    ヒートマップの代表的なツール紹介

    Sitest

    Sitest

    Sitestの特徴

    Sitestは、直感的なインターフェースで、特別な技術的知識がなくてもすぐに導入・利用が可能です。

    ヒートマップはクリックヒートマップ、スクロールマップ、アテンションマップなど、複数の視覚化ツールを利用することができます。

    価格帯は月額5万円(~10万PV)〜と中程度でありながら、豊富な機能でユーザー行動の基本的な分析を行うことができ、特に中小企業や予算が限られているプロジェクトに適しています。


    Sitestはこんな場合におすすめ

    初めてヒートマップツールを導入する場合

    ☆直感的なインターフェース
    ☆導入前後のサポートが充実


    録画機能を利用したい場合

    ☆録画再生機能


    ポップアップ、パーソナライズ機能を利用したい場合

    ☆WEB接客パーソナライゼーション
    ☆パーソナライズされたページ配信


    レポートを日々気軽に確認したい場合

    ☆AIレポート

    ☆オートメールレポート


    EFOに取り組みたい場合

    ☆EFO機能


    広告運用に取り組みたい場合
    AIリターゲティング機能


    Sitestの主な機能

    Sitest02




    ヒートマップ機能

    • スクロール解析
    • クリック解析
    • 録画再生
    • 期間/セグメント比較

    アクセス解析

    • トラフィック分析
    • ファネル分析
    • アナリティクス連携
    • サーチコンソール連携

    EFO

    • フォーム分析
    • 入力支援機能
    • BtoB フォーム最適化(オプション)
    • ステップ型フォーム(オプション)

    レポート解析

    • AIレポート
    • オートメールレポート

    テスト機能

    • A/Bテスト
    • 多変量テスト

    ポップアップ

    • 行動データに基づいたセグメント配信
    • 分析

    ウェブ広告連携機能

    • AIリターゲティング

    パーソナライズLP機能

    • ノーコードで制作
    • データに基づいたパーソナライズページ配信

    サポート

    • 導入前後のサポート
    • コンサルティング(有償)
    • お問い合わせ
    • ヘルプセンター




    SiTestの活用例

    • ランディングページの最適化: ヒートマップを使用して、ボタンやリンクの配置を最適化し、ユーザーの反応を確認します。
    • AB/多変量テストによる改善: 異なるキャッチコピーやデザインのページを比較し、どちらがより多くのコンバージョンをもたらすかを判断します。
    • ポップアップ、パーソナライズ配信:分析データを元に、パーソナライズしたページやWEB接客を配信できます。
    • EFOでフォームの最適化:フォームでのサイト訪問者のストレスを軽減して、コンバージョンの機会損失を防ぎます。

    SiTestを活用することで、データに基づいた具体的なウェブサイトの改善、更にパーソナライズ配信やweb接客施策、EFOから広告配信まで幅広く施策を実行することができます。


    User Insight

    User Insight

    User Insightの特徴

    User Insightは、日本語サポートが充実しており、豊富な機能と使いやすいUIが特徴です。
    価格帯は月額5万〜10万と中程度でありながら、クリックヒートマップ、スクロールマップ、セッションレコーディングなど多彩な分析機能を利用することができます。
    また、フィルタリング項目が豊富でサイトの状況・課題に合わせて分析できます。
    地域別のデータ集計やスマートフォン対応など、日本市場向けに特化したサポートが充実しています。
    他の国際的なツールに比べて日本語サポートが充実しており、導入後は専属担当がつき運用を支援、課題にあわせた複数種類の勉強会を実施しています。
    日本企業や地域事情に即したデータ解析におすすめなツールです。

    User Insightはこんな場合におすすめ

    初めてヒートマップツールを導入する場合

    ☆専属カスタマーサクセス担当が運用支援

    リアルタイムでのデータ収集と分析が必要な場合

    ☆訪問から1秒で解析画面に反映

    ・EFO・SEO・競合サイト・広告分析など、ヒートマップ以外の分析も網羅的に行いたい場合。

    ☆競合サイト分析

    ☆EFO機能

    ☆SEO機能

    ☆広告分析機能


    User Insightの主な機能


    ヒートマップ機能

    • 12種類のヒートマップ
    • フィルタリング機能
    • ヒートマップ一括比較

    アクセス解析

    • ユーザー行動のリアルタイム分析
    • 競合サイト調査

    EFO

    • EFO分析

    SEO

    • SEO分析
    • 長文記事を自動で作成

    レポート解析

    • 日報メールの送付
    • コンバージョン通知メール
    • 自動pptレポート作成

    テスト機能

    • ABテストツール連携



    広告分析機能

    • コンバージョン(成果)分析
    • アトリビューション(間接効果)分析



    サポート

    • 専属カスタマーサクセス担当
    • 技術サポート窓口
    • ヘルプ・サポートページ
    • チャットボット





    User Insightの活用例


    • ランディングページの最適化: クリックヒートマップを使用して、ボタンやリンクの配置を最適化し、コンバージョン率を向上させます。
    • フォームの改善: フォームページでの入力欄の順序やステップの流れをスクロールヒートマップで評価し、ユーザーの利便性を高めます。
    • SEO対策: SEO分析・競合調査・生成AI機能を活用しSEO施策を実行します。

    User Insightを活用することで、データに基づいた効果的なウェブサイトの改善が可能となります。


    Ptengine


    Ptengineの特徴

    ptエンジンは、リアルタイムでのウェブサイト分析が可能なヒートマップツールです。

    50万PVまでであれば、4980円〜9,980円という手頃な価格で提供され、(3,000PVまでであれば無料プランもあり。)クリックヒートマップやスクロールマップなどの基本的な機能に加えて、ABテストやフォーム分析、コンバージョンフュンネルの追跡など、高度な機能も備えています。
    特に強みとして、直感的なインターフェースとリアルタイムでのデータ表示が挙げられます。他のヒートマップツールと比較して、使用感の良さと即時性のデータ解析がユーザーに評価されています。さらに、多言語対応や豊富なカスタマイズオプションも提供され、国内外の企業による広範な利用が可能です。


    Ptengineはこんな場合におすすめ


    初めてヒートマップツールを導入する場合

    ☆直感的なインターフェース
    ☆導入前後のサポートが充実


    リアルタイムでのデータ収集と分析が必要な場合

    ☆リアルタイム分析が必要な企業向けに、スケーラブルなプランを提供


    ポップアップ、パーソナライズ機能を利用したい場合

    ☆WEB接客パーソナライゼーション
    ☆パーソナライズされたページ配信

    予算が限られている企業

    ☆豊富な機能でコストパフォーマンスが高い

    ☆4980円〜9,980円という手頃な価格で導入できる

    ☆3,000PVまでであれば無料プランもあり


    Ptengineの主な機能


    ヒートマップ機能

    • クリックヒートマップ
    • アテンションヒートマップ
    • スクロール到達率
    • 要素ごとのコンバージョン貢献度分析

    アクセス解析

    • リアルタイムでトラフィック分析
    • 多様なセグメント機能
    • ノーコードでイベント計測
    • ファネル分析
    • API経由でのデータ連携

    テスト機能

    • A/Bテスト
    • リダイレクトテスト
    • ウェブ接客のテスト
    • ベイズモデルによる迅速な勝者決定
    • AIスマート配信

    クリエイティブ作成

    • ノーコードで編集可能
    • 100を超えるテンプレート&アイデア集

    ポップアップ配信

    • 属性や行動データに基づいたセグメント配信
    • 分析



    パーソナライズ機能

    • データに基づいたパーソナライズページ配信/分析



    フォーム機能

    • アンケートフォーム設置機能(Experience)

    サポート

    • 導入・設定サポートや社内向け勉強会などを提供
    • お問い合わせ
    • ヘルプセンター

    ptエンジンの活用例

    • ランディングページの最適化: ヒートマップを使用して、ボタンやリンクの配置を最適化し、ユーザーの反応を確認します。
    • ABテストによる改善: 異なるキャッチコピーやデザインのページを比較し、どちらがより多くのコンバージョンをもたらすかを判断します。
    • ポップアップ、パーソナライズ配信:分析データを元に、パーソナライズしたページやWEB接客を配信できます。

    ptエンジンを活用することで、データに基づいた具体的なウェブサイトの改善、更にパーソナライズ配信やweb接客施策まで迅速に実施することができます

    ミエルカヒートマップ

    ミエルカヒートマップ

    ミエルカヒートマップの特徴

    ミエルカヒートマップは、日本企業向けに特化したヒートマップツールで、直感的なインターフェースと簡単な導入が特徴です。クリックやスクロールのヒートマップ機能に加え、ページ滞在時間や離脱ポイントを可視化できます。

    他のツールと比較して、リーズナブルな価格設定と高いコストパフォーマンスがあり、中小企業や初めて導入する企業にも適しています。


    ミエルカヒートマップはこんな場合におすすめ

    初めてヒートマップツールを導入する場合

    ☆直感的なインターフェース

    ☆シンプルな機能
    ☆導入前後のサポートが充実


    予算が限られている企業

    ☆〜3,000PV/月までなら無料で利用可能り

    ☆事業規模に合わせた多様な料金体系


    ミエルカヒートマップの主な機能


    ヒートマップ機能

    • アテンションヒートマップ
    • スクロールヒートマップ
    • クリックヒートマップ
    • キャプチャ自動取得
    • 流入元別フィルタ機能
    • イベントセグメント機能(オプション)
    • 期間比較機能(オプション)

    テスト機能

    • ABテスト機能(オプション)

    ポップアップ

    • 任意の画像をのーこでページに表示
    • 効果測定

    ウェブ広告連携機能

    • 競合の広告出稿状況分析

    サポート

    • 導入前レクチャー
    • 設定サポート
    • 動画マニュアル
    • 無料セミナーを多数開催



    ミエルカヒートマップの活用例


    • ウェブサイトの改善: ユーザーがどこをクリックしているか、どこでスクロールしているかを可視化し、コンテンツやナビゲーションの最適化を行う。
    • コンバージョン率の向上: ユーザーが離脱するポイントや注意を引くエリアを特定し、改善施策を実施してコンバージョン率を改善する。
    • 広告運用: 競合の広告出稿状況分析を利用し、効果的な広告運用を行います。

    ミエルカヒートマップはわかりやすいUIと手厚いサポートで、初心者にもおすすめなツールです。まずはヒートマップの機能のみをシンプルに使いたい場合無料プランから試してみるのが良いでしょう。


    Clarity

    Clarity

    Clarityの特徴

    Clarityは、ユーザーエクスペリエンスの向上を目指す無料のウェブ解析ツールです。Microsoftが提供するこのツールは、ウェブサイトのユーザビリティやパフォーマンスを詳細に分析することで、改善点を明確にし、効果的な対策を講じることができます。Clarityはシンプルなインターフェースと強力な機能を兼ね備えており、初心者からプロフェッショナルまで幅広いユーザーに対応しています。

    Clarityはこんな場合におすすめ


    予算が限られている企業

    ☆無料で利用可能。


    セッションリプレイを利用したい場合

    ☆セッションリプレイでユーザーの実際の動きを確認可能。


    初めてヒートマップツールを導入する場合

    ☆直感的なインターフェース

    ☆シンプルな機能

    Clarityの主な機能

    ヒートマップ

    • クリックヒートマップ
    • スクロールヒートマップ
    • 視線追跡
    • フィルタリングとセグメンテーション

    セッションレコーディング

    分析

    • インサイトダッシュボード
    • Google Analytics連携

    プライバシーとコンプライアンス:

    • ユーザーデータの保護とGDPRなどの規制への準拠

    Clarityの活用例

    • Eコマースサイト
      商品ページでのユーザーの動きを追跡し、購入プロセスでの離脱ポイントを特定します。これにより、購入率を向上させるための具体的な対策を講じることができます。
    • コンテンツサイト
      記事やブログページの閲覧状況を分析し、読者がどの部分に興味を持っているか、どこで離脱しているかを把握します。コンテンツの改善に役立てることができます。
    • サービス提供サイト
      サービス申し込みフォームの使いやすさを評価し、ユーザーがどこで躓いているかを明確にします。フォームの最適化を図ることで、コンバージョン率を高めることができます。

    Clarityを活用することで、ウェブサイトのユーザビリティを向上させ、より効果的なページ作成を実現することができます。


    ヒートマップツールを選ぶ際のポイント


    自社サイトに適したツールの選び方

    1. 機能のマッチング:
      • 自社のニーズに合った機能が提供されているかを確認します。例えば、クリックヒートマップやスクロールマップ、セッションレコーディングなど、必要な分析機能が含まれているかどうかを重視します。
    2. スケーラビリティ:
      • 自社のウェブサイトの規模やトラフィックに合わせて、ツールが適切に対応できるかどうかを確認します。小規模から大規模まで柔軟に対応できるツールであるかをチェックします。
    3. カスタマイズ性と柔軟性:
      • レポートのカスタマイズやデータのインポート・エクスポートの柔軟性があり、自社の特定の要件に対応できるかを確認します。

    ツール選定の際の注意点

    1. 価格とコスト:
      • ツールの価格帯と提供される機能のバランスを見極めます。過剰な機能を含む高価なツールでなくても、自社の目的を達成できる適切なツールを選ぶことが重要です。
    2. インターフェースと使いやすさ:
      • ツールの操作性やインターフェースが直感的かどうかを評価します。使用するユーザーが使いやすいかどうかを確認し、トレーニングやサポートの必要性も考慮します。
    3. サポートとアップデート:
      • ツールのサポート体制や頻繁なアップデートの提供状況を調査します。問題が発生した際に適切なサポートを受けられるかどうかも重要です。

    これらのポイントを考慮して、自社のウェブサイトに最適なヒートマップツールを選定することが推奨されます。


    「読んでもらう」スワイプ型の新しいLPのカタチ


    スワイプ型LP作成ツール「LPcats」の導入でCVR248%アップ!無料キャンペーンも実施中。


    「LPcats」について

    LPcats01

    一般的に読み飛ばされることの多い広告LP。それに対して、動画やUGC、エフェクトやアニメーションなど、広告出稿企業各社は「読んでもらう」「目にとめてもらう」ための工夫を施し、CVRの改善に努めています。


    そんな中「LPcats」は縦長で読み飛ばされるLPをスワイプ型のUIにすることで「読み飛ばされない」LPを簡単に作成することができるサービスです。


    導入したLPで、CVR248%がアップ

    LPcats02

    先行導入いただいたコンタクトレンズ通販のグランプリ様において、LPcatsと縦長LPでのABテストを一週間実施した結果、LPcatsの方が優位である結果となりました。

    ・CTAクリック率:277%(5.24%→14.50%)

    ・CVR:248%(1.05%→2.60%)




    LPcats公式サイト


    まとめ


    ヒートマップを使ってサイトを最適化しよう

    ヒートマップを活用することで、サイトの利便性とコンバージョン率を向上させるための具体的な施策を展開できます。例えば、クリックが少ない部分やスクロールが途切れる箇所に注目し、コンテンツの再配置やデザインの改善を行うことが推奨されます。また、フォームページの最適化やランディングページのテストにも役立ちます。ヒートマップを利用して定量的なデータを得ることで、客観的な改善施策を継続的に実施し、ユーザー満足度をさらに向上させましょう。

    LPやサイト改善に関するお困り事があれば、ぜひエフカフェにご相談ください!

TOPICS一覧へ

お問い合わせ・ご相談

エフカフェのサービスに関する
お問い合わせやご相談はこちらから。

採用情報

募集職種・募集要項等
採用の情報はこちらから。