1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. カート離脱はステップで見ないと意味なし!必須となるGoogleアナリティクスの設定とは。

ブログ

コラム

カート離脱はステップで見ないと意味なし!必須となるGoogleアナリティクスの設定とは。

こんにちは、エンジニアチームの北村です。

今回は、「カート離脱」を考えていくシリーズの第一回目の記事です。

カート離脱は、「カート落ち」「かご落ち」「カート完了」「カート放棄」と言われたりしています。
それぞれで若干ニュアンスは違うかと思いますが、つまりは、お客様が商品をカートに入れて、購入しなかった状態ですね。

ECサイトの担当者であれば一度は聞いたことがありますし、大きな課題になっているかと思います。しかしながら、どこから手を付けていけばよくわからないということに直面すると思います。

このカート離脱を阻止して売上を向上させていくことをシリーズで考えていきたいと思います。

カート離脱「率」とは

カート離脱の割合として見る場合、カート離脱「率」は

カート離脱数 / カートセッション数

この計算式で算出できます。

全世界的にカート離脱率は、平均69.57%と言われています。
カートに入れたお客様の約7割は離脱しているということですね。

出展:41 Cart Abandonment Rate Statistics

カートに商品を入れたお客様は購入意思が高いと考えられますし、ここで離脱を阻止できればその分売上を向上させることができます!

カート離脱の原因は??

カート離脱率が約7割といっても、その原因は1つではありません。
ECサイト運営を長年やってきたエフカフェの中では、カート離脱は主な原因は以下と考えています。

  • ブックマーク代わりにカートを使っている
  • 個人情報、クレジットカードの入力に不安がある
  • 入力エラーが何度も出て、わからない、面倒になる
  • 購入ステップ(画面)が多く、面倒になる
  • 送料が高く、購入をやめてしまう
  • 返品方法や配送のタイミングなどがわからない

読者の方でもECサイトで上記のようなことに、心当たりがあるかと思います。

ではどう対策を打つか

それでは、原因がわかったところで、どう対策を打てばよいのでしょうか。
例えば、考えやすいところとして、

送料が高く、購入をやめてしまう

といった原因を対策するには、

  • 送料を安くする
  • 送料を無料にする
  • 送料をあらかじめ認識できるようにする

といったことが考えられます。

でも、しかし、ちょっと待ってください。
その原因の対策(打ち手)の優先順位は高いですか。
カート離脱のうち実は1%しか無いかもしれません。その場合、改善へのインパクトは非常に小さいでしょう。

Googleアナリティクスの「目標到達プロセス」の設定が必要

では、カート離脱の原因を対策するためには、どの原因の割合が多いか突き止める必要がありますね。
そのためのヒントになるのは、購入ステップごとに離脱を突き止めることです。

しかしながら、Googleアナリティクスとただ「にらめっこ」してもわからないんですよね。
「目標到達プロセス」の設定をしないと購入ステップの遷移率、離脱率はわからいのです。

目標到達プロセス

「目標到達プロセス」を設定し、データが貯まってくると、このように購入ステップごとの遷移率や離脱がわかるようになります。

購入ステップごとの原因と対策があるので、どこから優先的に手を入れていけば改善のインパクトが大きいかが、見えてくるようになります。

次回は、「目標到達プロセス」の具体的な設定方法を解説いたします。