News & Topics

ニュース&トピックス
エフカフェ トップ > PR情報 > ニュースリリース > 日本初!越境ECに必要なサービスをワンストップで月額5万円~ご提供。同時に4つのモール・100ヶ国以上への販売をサポートするグローバル越境ECサービス『One Door』をリリース。

2017/05/09

日本初!越境ECに必要なサービスをワンストップで月額5万円~ご提供。同時に4つのモール・100ヶ国以上への販売をサポートするグローバル越境ECサービス『One Door』をリリース。

日本、中国でEC運営支援サービスを提供する株式会社エフカフェ(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:江上 周平、以下 エフカフェ)は、2017年5月9日より越境ECに必要なサービスをワンストップでご提供する、グローバル越境ECサービス『One Door』の提供を開始致します。

グローバル越境ECサービス「One Door」について

『One Door』は、4つのモールに同時出品ができる越境ECサービスです。中国 「天猫国際」、「JD Worldwide」、米国 「Amazon.com」の3つのECモール及び、エフカフェ独自の越境ECモール「ICHI」(中国語(簡体字・繁体字)・英語)の合わせて4つのモールで同時出品ができます。越境EC運営において9年以上の実績を持つエフカフェが、商品登録・商品ページ制作・翻訳・決済・顧客対応・物流といった越境ECで課題となる事項をワンストップで対応し、月額5万円〜という低コストで、中国・英語圏をはじめとした100ヶ国以上への越境ECをサポート致します。
「天猫国際」、「JD Worldwide」、「Amazon.com」、内のエフカフェ運営店舗と中国語(簡体字・繁体字)、英語に対応したエフカフェ独自越境ECモールの合わせて4つのモールで、商品ページ制作・翻訳・モールへの出品・店舗運営・物流・顧客対応・決済など越境ECに必要な事項をワンストップで提供するサービスは日本初(※1)となります。
(※2017年4月当社調べ)

グローバル越境ECサービス「One Door」3つの特徴

1.100ヶ国以上の販売が可能
One Doorを利用することで、英語圏、中国語圏100ヶ国以上のお客様に販売が可能!越境ECは中国だけでなく世界の時代へ。

2.同時に5つのモールに出品可能
中国向けには天猫国際、JD Worldwide、ICHI、英語圏向けには、Amazon.com、ICHIと4つのモールで同時に販売が可能。

3.越境ECに必要なサービスをワンストップで提供
商品ページ制作・翻訳・モールへの出品・店舗運営・物流・顧客対応・決済など越境ECに必要な事項をワンストップで提供。

グローバル越境ECサービス「One Door」イメージ

2016年中国の消費者が日本の通販サイトなどを利用する越境ECによる購入金額は、2015年から30.3%増え、1998年の調査開始以降、初めて1兆円を突破するなど、日本製商品は注目を集めています。(※2)
『One Door』を利用することにより、商品販売者は商品と商品情報の提供のみで、中国をはじめとした100ヶ国以上の巨大なマーケットへアプローチすることが可能になります。また越境ECを始めるにあたり課題となる、「言語」・「物流」・「決済」などを多数の運営実績を持つエフカフェが、低コストかつワンストップでサポートすることにより、越境ECを手軽にスタートできます。
(※2 経済産業省「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」より)


グローバル越境ECサービス「One Door」概要


名称   : グローバル越境ECサービス「One Door」
内容   : 中国・英語圏向け越境ECパッケージングサービス
提供開始日: 2017年5月9日
利用料  : 初期費用 20万円〜(税別)※LP制作、翻訳、商品登録等
月額費用 :5万円〜(税別)※月次運用、顧客対応、受発注対応等
サイトURL : http://www.fcafe.com/one_door/


本件に関するお問い合わせ
株式会社エフカフェ EC戦略Div.
担当:高橋・石井
TEL:06-6309-1011


■株式会社エフカフェ 会社概要
・会社名:株式会社エフカフェ
・代表者名:代表取締役社長 江上 周平(えがみ しゅうへい)
・設立:2003年11月
・本社:大阪市淀川区西中島5丁目14番22号 リクルート新大阪ビル8F
・東京オフィス:東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷三丁目スクエアビル2F
・上海本社 [意考飛(上海)信息科技有限公司]:
上海市長寧区茅台路553号上服創意園708室(×水城路)
・事業内容:日本、および中国におけるECサイトの運用代行、ECサイトの運用コンサルティング
・URL:http://www.fcafe.com/

※本リリースに記載の事項は発表日時点での最新情報となります。
※各社の社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。